2015年03月01日

City Pop 2作品

ずっと、ほんとにずっと、約30年、おおげさではなく30年近く、CD化を待ち続けていた作品が、昨年タワーレコードから販売されました。当然即購入!
桐ヶ谷仁の「Vermilion」と岸正之の「PRETENDER」の2作品です。

1.jpg


いわゆるCity Popと呼ばれる分野のアルバムで、ここ数年この分野の名盤がたくさん再発されてきたのですが、この2作品はなかなかCD化されず、ずっと待ちわびていた名盤中の名盤です。
さてさて、City Popとはなんぞや。若い人にはなじみのない言葉だと思いますが、Wikipediaによると・・・日本のポピュラー音楽のジャンルのひとつ。 主に1980年代に流行した、都会的なイメージを前面に出したポップスを指す。ムード歌謡をよりポップで現代的にしたものや、高年齢層へのアピールを強く意識したソフトなロックなどの総称である。和製AORなどとも呼ばれる・・・とあります。
そして、桐ヶ谷仁ってだれ? 岸正之ってだれ? ま、こんな時代ですから詳しくはネットで調べてね! なのですが、とにかく知る人ぞ知るヴォーカリスト。作曲家としても活躍しています。
おふたりのことおよびCity Popについて語るときりがないので、また別の機会に公式ウェブサイトのエッセイで!
それにしても、なんど聴いてもやっぱりよくて、涙が出ます。

posted by Ryu at 13:23| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: