2016年12月01日

12月1日発売「雷門プロジェクト」は豪華なブックレット

12月1日に発売する「雷門プロジェクト」のアルバムの話が続きます。
今回のアルバムはとても豪華なブックレットになっています。
で、そのなかに写真入りでメッセージを書かせていただいております。
お恥ずかしながらご覧いただければ幸いです。
03.JPG


posted by Ryu at 07:00| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月30日

12月1日発売「雷門プロジェクト」とは

12月1日に発売する「雷門プロジェクト」のアルバムは、30年前に制作されたにもかかわらずいろんな事情でお蔵入りになっていた楽曲を作りなおしたものです。
ムッシュかまやつさんの作った曲も、松本一起さんと僕が書いた詞も30年前のまま。
30年前にこんなことをやろうと思っていたなんて、すごいなぁ。
地球、環境、自然・・・そんなワードがひそんでいます。
どんないきさつで今回のプロジェクトが進行したか。ブックレットにも詳しく書かれていますが、ぜひこちらのページもお読みください。http://www.imcreator.com/free/nittoku/kaminarimon

そして、当時このアルバムをプロデュースした羽島亨さんは、僕を作詞家として世の中に生み出してくれた方。一生足を向けて寝られない方です。
02.jpg

posted by Ryu at 07:00| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月29日

12月1日「雷門プロジェクト」CD発売

12月1日に発売する「雷門プロジェクト」のCDが手元に届きました。
ムッシュかまやつさんと井上日徳さんのプロデュースで、ムッシュかまやつさん自身も2曲歌っています。
詞を5曲書いてます。ぜひ聴いてください。
01.jpg

posted by Ryu at 10:37| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10月にライブ

そしてそして、なんと10月にはライブをやったんでしたっけ。もう遠い昔のようですが。
ライブと言っても、大学のときのサークルの同窓会のようなもの。ライブをやったあと飲む。むしろ飲むためにちょっとライブもやるといった感じ。
今回はズルしてキーボードを弾かずに、パーカッションなんぞやりながらコーラスしちゃいました。
01.JPG

02.JPG

03.JPG




posted by Ryu at 10:33| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9月にベルギーのブリュッセルへ

つづいては9月にベルギーのブリュッセルへ行ってきました。行ってきたというより寄り道したというほうが正しいかも。ドイツのハノーファーへ行くのに、ブリュッセルからヨーロッパに入り、1泊しただけです。
この国は英語とフランス語が公用語。あちこちで「ボンジュール」「メルシー」という言葉が聞けます。ラテンの血が入っているので、ヨーロッパの北のほうにくらべて全体に背が少し低く、日本人でもそれほど気おくれすることなくすみます。

ブリュッセルの街も旧市街は1時間もあれば1周できてしまうくらいですが、とても美しい街並。
01.JPG

02.JPG


ご存じのとおりチョコレートが有名で、街中がチョコレート屋といってもいいくらいです。その合間にワッフル屋さんとタンタン(TINTIN)があるといった感じでしょうか。
03.JPG

04.JPG

05.JPG

07.JPG

06.JPG

08.JPG


これも有名ですが、なんといってもビールがおいしいんです。わかりやすく言うと、日本でよく見る「黄色いビール」ではなく(これもありますが)、むしろ「黒いビール」や「赤いビール」がとってもおいしいんです。コクがあるのにキレがあり、日本で飲める黒ビールより苦みがありません。ビールを飲むためだけにもう一度行きたいと思うほどです。
13.JPG

14.JPG

15.JPG


ブリュッセルの観光スポットのひとつが「しょんべん小僧」。でもここ、みんなが寄ってたかって見ているから気がつきますが、そうでなければ素通りしちゃうくらい小さなものなんですよ。
16.JPG

posted by Ryu at 10:28| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする